フクロモモンガたふぃとじぇりー

フクロモモンガとの快適な生活方法と日々の役に立つ生活方法

水道料金と古びた水道管

お題「最近気になったニュース」

 久々にテレビをつけると、日本の安くて安全な水がなくなるかもしれないという衝撃的な事を言っていました。

 安心な水は日本くらいだと言われているし、水道から水を出してそのまま飲めるのはとてもありがたい事なんだろうなあとも思うけれども、なぜ?上がるの?

 テレビを見ていると、水道管が老朽化していて、水道管が壊れてしまったりして、道路から水が溢れ出したりする画像が…。

 水道管だけなんだろうか⁇老朽化しているのは?

 日本の高度成長期から半世紀、あちらこちらで老朽化が進んでいるものばかりではないのか?

  色々なものの復旧に値段が上がれば、日本人は日本で生活が成り立っていくのだろうか?

 すべての物に、復旧代金が付いたら節約ぐらいでは追いつかないかもしれない。と思いながら、テレビを見ていた。

  その時、目を疑うような、老朽化した水道管の映像。

 これ通ってくる水が安全な水?

 錆びていて、茶色く黄色く、黒っぽい。

 水道センターで綺麗なお水で流したとしても、

この、水道管何キロ、何10キロも流れて家にたどり着くころには??

 外側の映像しかないけれども中もたいしてかわらない様な…。

 塩素で消毒しているとしても…。

 大量の塩素?

 最近、車で走っていたらタンカー車が前を走っていて、毒と書いてあった。

 毒?毒も薄めれば消毒?

 安心して飲めると言われている日本の水を過信してはならないのかもしれない。

  身体の水分量は60パーセントとか70パーセントといわれているからこそ、綺麗な水がいいなあと思います。

 私は浄水器をつけていますが、塩素抜きぐらいかなあと思っていたのですが、これは一人一人がきちんと知ってえらんでいかないといけないなあと思いました。

 けれども、水が供給されないと生活はできないのはわかっているし、蛇口を開ければ水が出るという事は当たり前の様で当たり前ではない事なので、その恩恵のおかげで生活ができているのは確かな事である。

 生活も水の安全も守る為には大切な事だけど水道料金が上がるのはライフラインなだけに仕方ない事なのかもしれない。

 久しぶりにテレビを見て、情報の大切さと普段の当たり前のありがたさを知りました。

 人任せではいけないのかも…。